フコク生命

育英年金付き学資保険の内容

育英金とは、契約者が万が一死亡、または高度の障害を負ってしまった場合に満期まで毎月育英金が支給されるものです。
育英年金付の学資保険に加入している場合、契約者に万が一のことがあっても、育英金が支給されると共に、その後の保険料は免除となり、満期金は通常通り支払われるものになります。
この育英金付の学資保険に加入した場合、保障の部分を厚くしているので保険料が高くなってしまい、貯蓄に特化した内容の学資保険と比べると返戻率が低くなるため、元本割れしてしまう恐れがあります。

その場合、教育費が不足してしまうというケースも起こり得ます。
育英金の保障が必要かどうかというのは、良く考えて加入するようにしましょう。
もし、契約者である親が生命保険に加入していて、死亡保障も付帯しているようであれば、この育英金の制度は重複してしまいますので、不要であると言えます。

また、この育英金には気を付けていただきたいことがあります。
この育英金は受け取ると所得税と住民税の課税対象となります。
年間で支給される育英金の総額から支払いの終わっている保険料を引いた額が38万を超えていると、所得税が課税されてしまいます。
子供にも所得があるという扱いになり扶養枠から外れ、色んな手当てが受けられなくなりますので、受取人を配偶者にするなどといった注意が必要です。

このページの先頭へ